未分類

恋愛も負けると解っていても・・・

投稿日:

その主義主張には、必ずしも賛同できないことが少なくないが、それでも選挙に臨む姿勢には敬意を表したくなる政党がある。

それは、共産党だ。

どの選挙でも、殆ど全ての選挙区で候補者を擁立しながら、当選できるのは僅か。
残りは惜敗、惨敗ばかりと言っていい。

しかしながら、候補者レベルでの安易な相乗りなどの野合は比較的少ないと言う点で、主張やカラーがはっきりしているという点で、評価できる。

さて、都知事選でどんな候補を出そうとも、もちろん、手練手管を弄して猪瀬副知事を籠絡するか、北朝鮮大好き人間であった”スマイル美濃部”こと美濃部亮吉氏のような人物を発掘すれば別かもしれないが、次点にも達しないだろうと思えてならない。
仮に、当選し、或いは次点になる候補者がいるとしたら、嘗て北海道知事に就任した横路氏のような人物以外には考えられないだろう。

あの時の知事選以後の北海道のニュースは、少々おもしろかった。
「道民党」を掲げるこの知事、やることなすこと与党日本社会党の政策と対立し、どちらかと言えば野党自由民主党の施策に近かったからだ。
曰く、「道民の利益になる政策であれば・・・」

だから、知事提出議案は、与党の反対、野党の賛成という奇っ怪な事態が発生したという。

恋愛も言え、現在の民主党に、公正な選挙で都知事となりうる人物を擁立するだけの人材も、包容力も、有るまい。
それでも擁立するというのなら、それはそれで与党としての矜持を正すことになろう。
もっとも、今までの政策がそうであるように、竜頭蛇尾にも至るまい。
単なる打ち上げ花火の失速に終わることは、先ず間違い有るまい。

このままでは、間違いなく次の国政選挙(衆議院議員選挙)では、殆ど消滅しかねないだろうこの政党、消え去るまえの最後の輝きとしての都知事選候補擁立なのだろうか。
だとしたら、”最後の大物泡沫候補”を擁立すべきだろう。

そう言う人物なら、党内にごろごろいるだろう。
ルーピー鳩山氏を筆頭に、スッカラ菅氏、蓮芳おばさん、などなど。
どういう訳か、そう言った人材には事欠かないこの政党、せめて散り際だけは華やかにして欲しい物だ。

-未分類

Copyright© 恋愛の仕方 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.