未分類

出会い系サイトの成功例

投稿日:

一昨日から昨日にかけて大学時代の友人3人とともに富士登山に行ってきました。
新宿発8:40の高速バス(ヨドバシカメラ本店の前です)に乗ったら、渋滞して
いるとのことで、本当は11:05に到着予定だったのですが、談合坂SAで休憩を
取ったため、富士山五合目に着いたのは12:50でした。五合目にかなり多くの
人がいたのでびっくりでした。(標高は2305m)

予め購入しておいたお弁当を食べました。ちなみに五合目にもゴミ箱はありません
ので、弁当を買うなら容器が潰れやすいものがよいです。また、飲み物も五合目で
ジュース200円、ビール400円、7合目でジュース300円、ビール500円、
頂上でジュース500円、ビール600円(水でさえ400円)に値上がりするので
飲み物は予め多めに用意しておいた方がよいでしょう。

トイレも、五合目で無料休憩所があるところが100円、他は50円のようですが、
以降は山小屋で1回ごとに200円掛かります。(宿泊すると回数によらず200円
のようです)なお、頂上は2ヶ所しかトイレがなく、吉田・須走下山口に近い場所が
300円、郵便局の近くが200円でした。ちなみに五合目のトイレが泡で流す
タイプで、それより上は水鉄砲みたいなものが用意されていて、それで流すタイプ
でした。

富士山には登山口が4つあり、富士宮、須走、御殿場、吉田のなりますが、新宿から
高速バスで行くと、富士スバルラインを通って吉田口に出ます。五合目に遅く着いた
ので、13時40分頃に登り始めます。ガスが出て天気がイマイチですが、七号目の
宿まで歩きます。

最初は砂の道ですが、山小屋が近くなると岩場に変わり、大きな石が多くなります。
ご来光目当てなのか団体客がかなり多く、何回も抜かして宿に向かいます。2時間
ほどで本日の宿に到着。今回お世話になったのは、鎌岩館(標高2790m)という
山小屋です。

<鎌岩館>
http://www.kamaiwakan.jpn.org/

料金は8400円+トイレ使用料で200円を早々に支払い、しばらくすると、17時に
夕食となりました。メニューはハンバーグを中心としたメニューでした。なお、
この時に出された味噌汁、お茶が唯一山小屋から提供されるお水となります。
トイレの手を洗う水は出ますが、飲料水にならないので、歯を磨く水は自分で持って
行った水を使うことになりますので、ご注意下さい。

夕食を食べると狭い部屋の中で何にもすることができないので、シュラフに潜り込んで
寝ることになります。しかもまだ18時です。とにかく隣との間が狭くて、ぶつかって
しまうほどです。おまけに午前2時頃まで山小屋の脇を多くの人が話しながら通るので
とてもうるさくてなかなか寝られない・・・ご来光を拝みに行った人達がいたので、
そこに移動して少し眠れましたが、ゆっくりと寝るというわけにはいかないようです。

明け方は少し寒かったですが、ダウンやフリースを1枚持っていけば暖かく寝られる
でしょう。私は0時頃までは暑かったので、シュラフの上に寝てましたが、明け方は
ズボンだけシュラフに入れてました。

ちなみに、この宿で1本だけビールを飲みましたが、冷蔵庫の中に缶が逆さに立てて
ありました。きっと、普通に立てておくと気が抜けてしまうということでしょうね。

朝食は弁当を渡されるが、レトルトの釜飯と牛肉、カロリーメイトのみ。レトルト食
のみ、外のベンチで食べてから出発。午前4時20分、鎌岩館を出発。何とかライト
なしでも登れる明るさですが、岩場は少し登りにくい感じがしました。

少し上の山小屋に行く途中でご来光となりました。やはり山の日の出はきれいです。
山小屋をいくつか通過して、元祖室(8合目:標高3250m)を過ぎると、登山道は
砂利へ変わります。

少し足を取られますが、そのまま進んでいくと九合目で渋滞に突入しました。頂上は
見えていますが、狭い登山道に多くの人が入っているため、止まったり進んだりして
何とか頂上にたどり着きました。出会い系サイトで昔、来た時よりかは息苦しさは感じませんでしたが
それでも、ゆっくりとした足取りで、こまめに休みを取った方がよいと思いました。

何とか、8:30頃に頂上に到着しました。少し休憩を取ってから、お鉢巡りに行き
ました。今回初めてお鉢巡りをしましたが、よほど疲れていないなら、行った方が
楽しいと思います。火口を近くに見ることができる、土産物屋や郵便局に立ち寄れる
(もちろんここから手紙やハガキを出すことができます)、気象観測所に立ち寄れる
(内部は見学できませんが、ここに富士山で一番高い山頂の標識があります)という
メリットがあります。

お鉢巡りは1周で90分ですが、10:40位には終わって、最後にトイレによって
から下山しました。下山開始は11時でしたが、下山道は登山道とは別の道になる
ため、空いていて、砂利道なので少し滑りますが、意外に早く降りられました。同じ
景色でかなり飽きますが・・・。途中で須走口と吉田口に分かれる場所があり、
さらに下っていくと、六合目で登山道とぶつかります。

ここから、さらに泉ヶ滝まで20分、スバルライン五合目まで30分掛かり、かなり
疲れました。それでも、13:35頃に五合目まで戻ってくることができ、まずは
ビールで喉を潤しました。(^^;)

帰りはバスの予約をしていなかったので、14:10発の河口湖駅行きの路線バスに
乗りましたが(1500円)、席は決まっておらず並んだ順なので、気をつけたいところ
です。幸い早く並んだので乗れましたが、定員が決まっているようで、これに乗れ
ないと1時間待ちのようでした。

他の3人は明日も休みのようなので、河口湖から近い温泉に行って汗を流してから
一杯飲んだようですが、私は今日から会社でしたので、15:09発の特急フジサン号で
大月まで出て、中央線に乗って家に帰りました。

河口湖駅でビールを買う時間がなかったのですが、フジサン号ではビール250円、
缶チューハイが150円で売っていてよかったです。ここで缶チューハイ、大月駅で
500mlのビールを飲んで帰りました。

-未分類

Copyright© 恋愛の仕方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.